出演者プロフィール


は・ひ・ふ・へ・ほ

HOME | 出演者情報 | 出演者プロフィール(は行)

芳賀まさひろ

〈ギター/ヴォーカル〉

1978年、岡山県高梁市備中町で生まれる。中学三年生の時に、兄の影響で音楽が好きになりギターをはじめる。洋楽は70年代ロック中心。邦楽なども兄からいろいろ教わる。高校卒業後、広島県福山市にあるライブハウス「ハイダウェイ」にてはじめて本格的な生のライブ演奏を聴きアメリカの音楽にさらにのめり込む。この時期にさまざまな個性的なミュージシャンの生の音楽に触れる。2000年、関西フォーク、ブルースに憧れ岡山から大阪へ移り住む。2003年、ギタリストとして、アコースティック・ユニット「歌屋BOOTEE」に参加。2004年、精力的にライブ活動を行い、CD「ぶらぶらり」を発売。哀愁が漂う大阪系和製ブルースを聴かせる。2007年、岡山の地元に戻り、独自の弾き語りの世界と多数ミュージシャンのサポートギタリストとして、地元を中心にライブ活動を行う。2010年、大阪へ帰り「歌屋BOOTEE」も復活。2013年7月「歌屋BOOTEE」として10年ぶりの2ndアルバム「一輪の花」を発売。9月、ソロによる限定100枚シングル「国道沿いのCoffeeHouse」をリリース。現在、ソロ活動を中心にフォーク、ブルースを基盤に様々な場所で音楽活動を展開中。
 

はたゆりこ

〈シンガーソングライター〉

埼玉県入間市出身のシンガーソングライター。早稲田大学を卒業後、シンガー、モデルとして活動を始める。2013年7月に「祈り」でCDデビュー。初アルバムの制作を目標に掲げて2015年より自身での作詞作曲も始め、2016年には念願の初アルバム「Graetful Days」をリリースした。2017年にはミャンマーの国民的アーティストKyar Pauk氏からの楽曲提供が決まり、海外アーティストとのコラボ作品作りなど、新しいことにも挑戦している。時代を経ても色褪せない歌、人の心に響く歌を届けることをモットーに音楽活動を行う。またフジテレビ「めざましテレビ」内めざましプレゼントのレギュラーMC、2016年より東京司法書士会の親善大使を務めるなど、MC、モデルとしても活動している。

プロフィール_はたゆりこ

服部龍生

〈はっとりりゅうせい/6弦フレットレスベース〉

6弦フレットレスベース一本でオリジナル曲を奏でるソロ演奏家。クラシックギターのようにメロディを奏でる演奏スタイル。美しさが際立つ立体的な深い響きと豊かな表現力で創りあげる独特の世界観、ジャンルに縛られることのない上質な楽曲には定評があり、年齢や性別を問わず、アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、台湾など海外にもファンが多い。あの村上"ポンタ"秀一氏がそのプレイに惚れ込み「Duo Blue」というユニットを組んで開催したライヴは100回を超える。
  

花井健児

〈ギター弾き語り/シンガーソングライター〉

1974年、名古屋市出身。幼少期に「We Are The World (USA FOR AFRICA)」に感動し、それからスティービー・ワンダーに魅了される。いつかは「USA FOR AFRICA」のように、世界を救うことができたらと願い、アコースティックギターを抱え唄いはじめる。BARやライブハウス、施設など様々な場所で唄い、POPS、FUNK、SOULなど幅広いジャンルのカバー曲を多く唄ってきたが、自分の唄う意味をもう一度想い出し、オリジナルソングをつくり唄い続けることを決意。2015年10月25日には自身初のミニアルバム「Energy」をリリース。

 

播磨奈弥

〈はりまなみ/ピアノ〉

4歳からクラシックピアノを始める。バンド活動をきっかけにポップスやジャズに興味を持つようになり、ホテル・ラウンジ等でのソロピアノや管楽器とのアンサンブル演奏、ピッグバンドにピアノで参加するなど、ジャンルを問わず積極的に演奏活動を行う。指導歴も長く、子供から大人まで幅広い年齢層のピアノレッスンを担当している。

プロフィール_播磨奈弥

Vale Todo

〈ケーナ、サンポーニャギター〉

ケーナ、サンポーニャ奏者「勝野 勉」とギタリスト「U」によるアコースティック・デュオ。南米はアンデス地方の民族楽器ケーナ、サンポーニャを主旋律にフィーチャー。同地方の民族音楽であるフォルクローレをベースにしつつも、それにとらわれることなく、楽器の魅力をさらに模索するために結成されたユニット。"Vale todo"とは、スペイン語で「何でもあり」の意味。ジャンルを超えた、正に「何でもあり」のパフォーマンスをお楽しみください。
 

勝野 勉(ケーナ、サンポーニャ、フルート)

大学在学中に南米アンデス音楽と出会いその豊かな表現力に魅了され、以降ケーナ、サンポーニャの演奏活動を行う。2007年、南米ボリビアへ渡航、現地のグルーポ「ムシカ・デ・マエストロ」に参加。主催者であるロランド・エンシーナスに師事。他にもサンポーニャをカルロス・ポンセに師事帰国後は独自のグルーポで演奏活動を行うほか、MAYAはじめ国内プログループでのサポート演奏を行ってきた。現在、西明石にて「かっつんのケーナ&サンポーニャ教室」を開講、受講者募集中
 

"U" (アコースティク・ギター/鉄弦 ナイロン弦)

80年代の洋楽ブームの影響で16歳の頃よりエレキギター、音楽理論を独習にて学ぶ。音楽理論の中でも和声法、モード理論、またMIDIによる電子楽器制御、減算式シンセサイザーの音作りにも明るく演奏活動だけでなく作、編曲、音源製作まで活動の幅は広い.著作権フリー楽曲の録音参加や、テレビ、ラジオのCM音楽制作など商用録音にも多数参加。NHK大阪総合テレビ「くらしのチャンネル」19941995年度のテーマソングは氏の作品。

プロフィール_Vale_Todo

春名正治

〈サックス/フルート〉

1979年に上京。角松敏生、杏里、松山千春などのツアーサポートとして長期に渡り活躍。1989年、松原正樹率いるバンド「TRIFORCE」の一員となりLAでのレコーディングに参加。スタジオミュージシャンとしても数々のレコーディングに参加するようになる。
現在は、アコースティックギターの成川正憲と《L-Duo》を結成し、デュオならではの世界観でライヴ活動、CD制作。これまでに5枚のアルバムをリリース。精力的に活動中。

プロフィール_春名正治

ビリー尾﨑

〈漫談/本職はコントラバス、ベース奏者〉

1977年生まれ。奈良県出身。ピアノ教室の家に生まれ、幼少よりピアノの教育を受けるが、高校時代に ベースに転向。研鑽と経験を重ねプロ活動に入る。エレキベース、ウッドベースを使い分け、ジャズか らハードロックまで多彩なジャンルに対応することで定評がある。現在、関西を中心に活動中。ライブ だけでなくパーティーや店舗での演奏、歌手のバックなど、近年の若手ミュージシャンには珍しく、幅広い仕事をこなすべーシストである。

プロフィール_ビリー尾﨑

日浦孝則

〈ギター弾き語り〉

1960年1月、瀬戸内海の小さな小島(大芝島:東広島市)で生まれ育つ。1978年、立命館大学在学中に結成したバンド「Woody Mind」でライブ活動を開始。1984年、ポプコンつまごい本選会出場するも入賞ならず、それを機に上京。1987年4月、テイチク、コンチネンタルレーベルよりシングル「スロウダンス」でソロデビュー。同年5月にはアルバム「BELIEVE」リリース。以後 「BORN」「Because of you」と計3枚のアルバムをリリース。1989年には、事務所との音楽的方向性の違いから、音楽活動を一時休止。サラリーマンとしてコンピューター会社に就職しながらデモテープを作る毎日を送る。1993年4月、ツインボーカルデュオ「class」としてデビュー、「夏の日の1993」をリリース。以後シングル7枚、アルバム6枚をリリース。1996年3月「class」解散。1996年4月、paper island 発行。ライブ活動開始。その後、東映系Vシネマ「餌食」の音楽担当、横浜ベイスターズ応援歌「勝利の輝き」の作曲と歌唱など、精力的に活動。1998年10月、シングル「My Dear One」をはじめ、シングル、アルバムを精力的にリリース。2015年7月にはニューアルバム「風の駅」をリリース。

 

ひかり

〈ピアノ/歌/朗読〉

独特の世界観を表現した言葉と、舞台朗読で磨き上げたセンスを織り込んで声にする「ひかりワールド」自作童話の朗読とイメージソングを組み合わせた「朗読と歌のコンサート」を行い、幅広い年齢を対象として、オリジナリティあふれるパフォーマンスを展開。兵庫や大阪のライブハウスにレギュラー出演をする傍ら雑貨のオリジナルブランドを立ち上げるなど、多方面でも活躍。小・中学校の PTAセミナーでの公演、保育園・幼稚園・小学校教諭への朗読指導を行い 精力的に活動中。制作・発表した楽曲は 約60曲、自作童話は 現在4作品。現在までに シングルCD 「NIGHT WALKER」「月と夜空の花」(朗読と歌)「夕暮れ色の桜」、アルバム 「清流」「水鏡」「太陽の子ども」「優しさの中で」をリリース。朗読と歌のCD付き児童書「ちいちゃんのにじ」を発売。

 

ヒデ

〈ギター〉

 
関西を中心にジャズやポップスのユニットで演奏活動中。柔らかな音色と滑らかなフレーズを渋くキメてくれるいぶし銀のギタリストの絶妙なギタープレイは、どんな音楽も"植木ワールド"に惹き込んでしまう魅力に溢れている。温かい人柄そのもののプレイにご期待下さい。
  

プロフィール_ヒデ

ヒメノアキラ

〈ピアノ弾き語り〉

京都府出身、4月30日生まれ。2000年、妃野アキラでデビュー。これまでにシングル7枚、アルバム5枚、ミニアルバム1枚をリリース。4thシングルはWOWOW連続ドラマの主題歌とTBS系テレビ「CDTV」のエンディングテーマとなる。ライヴ活動の他、全国のミニストップ店内放送でのコーナー番組、音楽フリーペーパー「music UP'S」でのコラム連載、数々のラジオ番組のパーソナリティ、さらにFM NACK5では人気番組『おに魂』内の『ヒメノアキラの「メル友は宇宙人」』というユニークなコーナーを担当。個性的なキャラクターにも注目が集まる。ライブでは、グランドピアノを持ち込んだワンマンライヴ「ピアノ1本勝負」や、弦カルテットと電子音の融合した世界「ヒメノカンタービレ』の開催など、アグレッシブなピアノと伸びやかでヒリヒリした歌声で見るものを魅了し、ライヴでの評価も高い。数々の活動を経て、現在は独立。自由なスタイルで歌を届けている。

  

平山泉心

〈尺八〉

大学の邦楽部にて尺八を始める。在学中、村治流尺八を木下登一師、椿本登葉師に師事。卒業後、上田流尺八を、谷泉山師、谷保範師に師事。現在に至る。2013年、2015年、2016年(第84〜86回)上田流尺八全国技芸審査会一位。現在、純邦楽、ポップス、ボサノバなど、ジャンルにとらわれず、和洋中さまざまな楽器とコラボレートしながら、関西を中心に幅広い演奏活動を行っている。上田流尺八道指南。上田流尺八道泉山会会員。

 
プロフィール_平山泉心

ぴんからKenちゃん

〈ギター/ヴォーカル〉

全国アコースティックギターローカルネットワーク「戦うオヤジの応援団」にハンドルネーム「Ken」で加入。その関西sp西宮で世話人をする傍ら、老人ホーム出前演奏や、街やお店のイベント等に参画。唄は、昭和歌謡・演歌・フォークなど。昨年末、甲状腺ガンを克服し少しづつ復活。今年8月よりピンで活動する時のハンドルネームを「ぴんからKenちゃん」として活動再開。

プロフィール_ぴんからけんちゃん

深澤 学

〈ドラム/パーカッション/コーラス〉

大学在学中より様々なアーティストのライブツアー、コンサート、CM曲のレコーディング、テレビ出演等、多数参加。卒業後は小林亮氏に師事、現在に至る。ポップスはもとより、クラシックやジャズ、演歌からゴスペル、コーラスまでジャンルにとらわれず幅広い演奏活動を展開しており、全国各地で年間150本以上のステージに立っている。オールディーズ・ダイナー「心斎橋Rock'n Rouge」のハウスバンドのメンバーとしてレギュラー出演中。

Twitter @manabeeeat
 
 

プロフィール_深澤学

藤井ひろみ

〈ヴォーカル〉

幼少期から音楽に触れ、学生時代は吹奏楽部に所属。現在ジャズ・ボーカルを学び、関西のライブハウス、カフェ、バーなどで、ジャズ、ポップスを中心に歌っている。

プロフィール_藤井ひろみ

藤田貴光

〈オルガン〉

1971年生まれ。北海道北見市在住。ハモンドオルガン、鍵盤ハーモニカ、そしてアコーディオンの奏者。北見市内にある楽器店『タケダ楽器』の音楽講師、兼販売員。2012年春からは『ローランド・ミュージック・スクール』認定オルガン科講師。2013年秋から、ポピュラー&ジャズピアノ科講師として活動中。

プロフィール_藤田貴光

藤縄てつや 

〈ギター/ヴォーカル/ウォッシュボード〉

 シンガーソングライター、アコーディオン奏者。ジェマティカ・レコーズより5枚のアルバムを発表している。やわらかいアコーディオンの音色とやさしさあふれる歌声で、女性の気持ちを日常の風景にのせて表現し、「アコーディオン弾き語り」というめずらしいかたちで全国各地で積極的に演奏活動を行っている。NHK教育テレビ「わんパーク」、NHK北海道「ほくほくテレビ」「北の文芸館」などに出演。岩井俊二監督映画「四月物語」 で劇中歌をうたう。2007年にはパシフィック・ミュージック・フェスティバルのオーケストラ演奏会でアコーディオンを担当。現在放映中のRoyceチョコレートのCMでアコーディオンを弾いている。南佳孝、sun’s market、ハンバート・ハンバートをはじめとするたくさんのミュージシャンのアルバムレコーディング、コンサートに参加するなど幅広い演奏活動を行っている。

写真_藤縄てつや

藤本祐治

〈ギター/ヴォーカル〉

1955年北九州に生まれる。1970年代より博多で音楽活動を始める。◆1980年代、北海道のムツゴロウ動物王国にスタッフとして参加。王国のハウスバンド「長靴バンド」でギターと作曲を担当。「ムツサント」全国ツアーに参加。◆1990年代、八木のぶおさんの道東ライブに参加。博多B1でシーナ&ロケッツのライブに参加。◆2000年代、北海道中標津でシーナ&ロケッツのライブに参加。博多で「BLUE BEAT BOX」ブルースロックバンドのアルバム制作に参加。◆2010年代、アコースティック・ユニット「工コーズ」結成。動物王国の犬達、猫達、クマの歌を作りオリジナルブルースを歌い始める。◆2011年、2012年と、ムツゴロウ動物王国バンドで東京、横浜ミニツアーほか。現在、北海道を拠点に「エコーズ」として活動中。東日本大震災で被災した犬や猫達のチャリティライブで募金活動も実施中。

写真_藤本祐治

藤原聡子

〈ヴォーカル〉

ソロ・ユニット「a harvest garden(ハーベスト・ガーデン)」として、2009年11月にアルバム『HAIN』でデビュー。 透明感あふれる、表情豊かな藤原聡子のヴォーカルの魅力を最大限に生かしたエヴァーグリーンなポップスを聴かせる。 ライヴでは国内外や時代を問わず多くのカヴァーも披露(キャロル・キング、ジョニ・ミッチェル、サイモン&ガーファンクル、フェアグラウンド・アトラクション、サラ・マクラクラン、ファイスト、ジェイソン・ムラーズ、ダイアン・バーチ、はっぴいえんど、フジファブリック…etc.)。そのクォリティは高く評価されており、藤原のシンガーとしての無限のポテンシャシャルを裏付けている。2011年11月の”劇団伽羅倶梨”公演『DOGIMO』で『HAIN』収録の「夜長月」が、そして2012年2月に行われる”劇団カッコカリ”公演『白球の記憶〜STEAL DREAMS〜』では同じく「雨の魔法」が挿入曲として使用されるなど、各方面で注目を集めている。 

 

Black's

〈アコースティック・ブルース・デュオ/from 愛媛・宇和島〉

2013年に宇和島で結成したブルース・デュオ。宇和島、松山を中心にライブ活動を行う。2014年にはオリジナル・アルバム『俺たちの挽歌~1959年製スーパーマシン~』を発売。島村楽器主催の第1回アコパラ(※)ではエリア・ファイナリスト。2016年に開催された第2回では見事エリア・ファイナル・グランプリに輝き、全国大会に出場。8月よりオリジナル曲がカラオケ「DAM」にて配信開始された。
◆ライヴ映像はこちら(島村楽器「第2回 アコパラ全国大会」レポートページ)

 

the Blue Lagoon Stompers

〈ハワイアン・ポップ/from 愛媛〉

2011年11月、戦前のハワイアンを現代的に演奏するというコンセプトのもと、ブルーラグーン・ストンパーズを結成。ハワイアンでありながら、スウィング、エキゾティカ、ロックンロール、ムード歌謡などを融合した独自のサウンドを形成する。ライブ活動を重ねるうち、エンターテインメント性、空間作りを重視するようになる。バンド名の通称は「ブルラグ」。2014年5月ファーストアルバム、2017年8月にはセカンドアルバムをリリース。「楽しくて気持ちいい日本のハワイアンポップミュージック」をテーマに、フラとのコラボをはじめ、様々なジャンルのダンサーやミュージシャンと一緒に積極的にライブ活動を行っている。アートとエンターテインメントの間をつなぐ、21世紀のジャパニーズハワイアンバンドとして活動を続けている。

 

古橋一晃(ふるはしかずあき)

〈エレキギター/アコースティックギター〉

京都市出身。10代より地元カントリーバンドにて腕を磨き、日米のカントリー系プレイヤーとのセッションを多数経験。2005年より拠点を東京へ移し、セッションプレイヤーとして多くの有名アーティストのレコーディングやライブで活動する他、SMCギタースクールの講師も務める。マンドリンプレイヤー宮崎勝之氏とのDUOアルバム『Woody Talkin'』では、ギターとマンドリン2本だけのインストアルバムを2011年に発売。Acoustic Gutiar Magazine(リットーミュージック)に特集、インタビュー記事が掲載される。2013年、河合徹三(Bass)、尾崎博志(Pedal Steel Guitar)とのインストアルバム『TRI BARREL/詩のかけら』を発売。ライブ活動も精力的に行っている。2012年、14年と上演された俳優、吹越満氏プロデュースの舞台「Polygraphe」に楽曲提供する。

◆主なサポート・アーティスト(敬称略)

ハンバート・ハンバート、山崎ハコ、小林明子、松山千春、西岡たかし、マイク眞木、ビリーバンバン、山木康世、四角佳子、こむろゆい、松田幸一、中川イサト、冷泉公裕、Charlie McCoy ほか
 

PETA ペータ

〈ギター弾き語り/ソロギター〉

1959年、北海道の阿寒国立公園内にある町で誕生。13歳の時にギターを弾き始める。中学生のとき、地元の町で「オフコース」がコンサートを行なった際、前座で演奏。音楽シーンに入り込む第一歩だった。19歳頃から札幌のススキノにあるライブハウスで歌うようになり、独特のオープンチューニングやフィンガーピッキングで唄を歌うという、日本では他に類を見ないスタイルを目指して進化を始めた時期です。高校1年の時にカナダのシンガーソングライター、ブルース・コバーンのアルバムに出会って以来、ブルース・コバーンにはものすごく影響を受ける。1989年頃上京し、東京を中心に全国的なライブ活動を開始。1992年、山木康世(ふきのとう)、中川イサト、小松原俊ほか多数のアーティストがサポートとして参加した1st アルバム「金色の月」 を発表。1999年9月には、7年ぶりとなる2ndアルバム「摩神の湖」を発表。その後も精力的にアルバムを発表。ライヴ活動の傍らプロデュース活動にも力を入れている。以上、PETAさんのホームページより抜粋。詳しくはこちらをご覧下さい。
 

Peco ペコ

〈シンガー・ソングライター/アカペラシンガー〉

群馬県出身。神戸を拠点に活動し、シンガーソングライターと看護師の2つの顔をもつ、現役ナース・シンガー・ソングライター。地元群馬県で学生時代からアカペラグループでのライヴ活動やテレビ出演、音楽イベントへの参加を通じてプロの歌手になりたいという夢を抱く。2013年に神戸の音楽事務所に所属。アカペラグループの一員として活躍し、2017年から本格的にシンガーソングライターとしての活動をスタートする。現在は、現役看護師として勤務しながら、シンガーソングライターとしてライブ活動も精力的に行うほか、プロアカペラグループのサポートメンバーとしての活動やサポートコーラスでの客演も行っている。
 

堀江 淳

〈ギター弾き語り〉

1960年、北海道苫小牧生まれ。1979年、CBS ソニー「第1回 SDオーディション」に合格。1981年『メモリーグラス』でデビュー。「第1回 日本作曲大賞 優秀曲賞」「第14回 日本有線大賞 新人賞」「第14回 全日本有線大賞 新人賞」各賞を受賞。現在、マキシシングル『花ひとつ 夢ひとつ』絶賛発売中(タイトル曲『花ひとつ 夢ひとつ』作詞:西田敏行/カップリング曲:アコースティックバージョンの『メモリーグラス』、名曲として評価の高い『ありがとう』も収録)。2015年8月には、ひばり児童合唱団とのコラボレーションによるアルバム『四季の音色〜心に残る日本の童謡唱歌〜』をリリース。また「堀江淳のファインミュージックアワー」はコミュニティーFM(全国57局)で放送中。最近は、年間130本以上のライブを行い、オリジナル曲は勿論、カバー曲、童謡・唱歌等を交えたステージで幅広い年齢層に支持されている。
【作品提供】
 中森明菜、増田恵子(ピンクレディ)、アンリ菅野、北原佐和子、涼風真世、ほか
 まきのめぐみ(2004年リリースの『つばさ』は「日本有線大賞 音楽賞」を受賞)
 ジェロ「なきむし倶楽部 / ルージュ」、パク・ジョンミン「さよなら」
 

保利太一

〈ギター弾き語り〉

1988年11月10日 佐賀県唐津市に生まれる。◆2002年、クラスメート達と当時流行っていたアカペラ・ユニットを組み、文化祭でボイス・パーカッション担当として人生初ステージを経験。◆2004年 高校に入り、両親の車の中でかかったサイモン&ガーファンクルを聴き、家にあったギターを弾き始める。◆2008年、アコースティックユニット「Sunny+(サニープラス)」を立ち上げ、太一(Vo,Gt)、カンナ(Key,Vo)で地元唐津を拠点に長崎、福岡などでイベント、フェスなどへの出演、ライブ活動を行う。◆2010年 4月「FMからつ」にて金曜朝の番組「ハイからモーニング」のパーソナリティを担当。楽曲提供なども行う。同9月、J・パーカーズの山浦氏と太一によるサイモン&ガーファンクル完コピユニット「フォーデイズ」を結成、九州代表として恵比寿ガーデンプレイスで行われた「NHK全国バンド自慢2010」において審査員奨励賞を受賞。◆2011年 2月 Sunny+で1stアルバム「It's a sunny day」をリリース。同6月 Sunny+を解散し上京。太一名義での活動開始。◆2012年 クニタチ☆レコードより太一1stミニアルバム「ホクロでかいやつ」リリース。モアリズムのオープニング・アクト兼帯同スタッフとして南は沖縄、北は東北まで各地ツアーに帯同共演を果たす。◆2013年 ワタナベエンターテインメント&ビクター主催のボーカル・コンテストにおいて最優秀賞を受賞。◆2014年 2ndミニアルバム「ただの春」リリース。◆2015年 Pヴァインより3rdアルバム「ゆとり」リリース。◆2016年 4thミニアルバム「とことこ」リリース。◆​2018年 5thアルバム「こぶね」リリース。