2013年2月16日(土) 午後8時 ニーノ・アンド・ゴーゴー 〜 ギターとウクレレの素敵なコラボ





ニーゴー_810_冬.jpg

電話で予約する.pngメールで予約.pngメールで予約.png



ギターとウクレレ.gifニーノ・アンド・ゴーゴー
ウクレレの新納悠記とギターの伍々慧による若手インストゥルメンタル・デュオ。ともにソロでも活動しており、それぞれコンテストなどでも受賞暦のある2人がイベントをきっかけに知り合い、意気投合し2009年結成。従来のウクレレのイメージを覆すアグレッシブかつハートウォームな演奏を繰り広げる新納と、アコースティックギターの可能性を最大限に生かしたギタープレイとコンポーザーとしての才能を開花させつつある伍々のふたりの演奏はウクレレとギターだけとは思えぬ、厚みのあるサウンドと親しみやすい楽曲、ライブパフォーマンスを展開、多くの人を魅了している。

LinkIconニーノ・アンド・ゴーゴーさんのホームページはこちらです

新納悠記2_150.jpg新納悠記(Ukulele)
1989年生まれ。中学三年からギターを始める。高校2年生の夏、イギリスのロンドンで行った路上ライブをきっかけに本格的に作曲やライブを始める。活動の場はライブハウスだけにとどまらず路上や、老人ホーム、学校、地域のイベントやコンテストなど様々な場所で演奏を行う。現在は大阪芸術大学で音楽を学びながら、バンドやソロでギターとウクレレを使い活動中。自分から発する音楽で人に喜びや悲しみ、感動などの目に見えないモノを伝えることを目標に楽器を「弾く」だけではなく、「叩く」などさまざまな奏法を用いて演奏する。

伍々慧2_275.jpg伍々 慧(Acoustic Guitar)
1988年、大阪生まれ。12歳でギターをはじめる。15歳で年齢、プロ・アマ不問のギターコンテストで最優秀賞含む4部門を受賞(史上最年少最多記録)。テレビやラジオのBGMに楽曲が使用されるなどして、そのサウンドが身近になってきている。CHAGE and ASKA、佐藤竹善(ex.Sing Like Talking)、陣内大蔵、など著名ミュージシャンとのレコーディング、共演を果たしその存在感のあるギターの音色が絶賛された。様々な感情や情景を思い起こさせられるメロディと音色、飾らないnaturalなライブステージングはじわじわと、多くの人々のもとに届けられている。

Square_ble_Right.png伍々慧さんのホームページはこちら